キャッシング限度額の変更は可能か?

キャッシングには借入可能な「限度額」が設定されます。
「限度額」の範囲内で何度でも借入と返済を繰り返して利用できるのがキャッシングの大きな特徴です。

 

しかし初回の契約時にはそれほど高額の限度額が設定されることは多くありません。
ほとんどのケースで50万円程度の契約となります。

 

「できれば限度額を増額したい」
とくに10万円以下の限度額のキャッシングを利用されている場合、このように思われる方も多いのではないでしょうか。

 

限度額の増額は可能!!

一般的なキャッシングでは利用状況次第で限度額の増額が可能になっています。
直接申込まなくてもキャッシング会社から増額を提案してくることもあるのです。

 

信用できる利用者には積極的に融資を行い利益を得る必要があるのがキャッシング会社なのです。増額を提案されるポイントは次の通りです。

 

新規契約時から6ヶ月以上経過している。

一般的な増額のタイミングは「新規契約から6ヶ月」がラインといわれています。
「限度額の増額=信用力がある」ということですので、信用を得るためにはそれなりの期間を必要とするわけです。

 

その目安が「半年=6ヶ月以上の利用」であり、これ未満では増額されることはますありません。

 

増額のペースは10万円単位

増額といっても一気に100万円増額されるようなことはまずありません。
信用というものは利用に応じて少しずつ蓄積されていくものですから、限度額も少しずつ上がっていくことになります。

 

最初の内は10万円単位での増額手続きとなるのが一般的です。

 

上限は「年収の3分の1」

「総量規制」の対象となるキャッシングでは借入金額の上限が「年収の3分の1」に制限されることになります。

 

当然増額の上限も(他社を含めて)年収の3分の1となることに注意しておきましょう。

 

「総量規制」の対象とならないキャッシング(銀行系など)でも「年収の3分の1」というのは返済能力を判断するひとつの目安となります。これ以上の増額は利用者の属性などがよほど良くない限り難しいと考えておきましょう。

 

増額にも審査がある

このような増額にも審査があります。
会社から増額を提案される場合には、内部審査が既に合格している状況ですので問題はないでしょう。

 

ただし自ら増額を申し込んだん場合には、増額の審査に合格しなければいけません。
審査基準は新規申込時と同様、もしくはそれ以上の基準で判断されることになります。
そのポイントは次の通りです。

 

利用実績が良好であること

増額ではこれまでの利用実績が大きなウエイトを占めます。
当然返済がきちんと行われていることは大前提です。

 

仮に単なる入金忘れといった状況でも、それだけ信用力の乏しい利用者と判断されますので増額はまず難しいでしょう。

 

また「これまで一度も借入していない」「一度完済してそれ以降借入していない」という状況でも増額の審査は厳しい結果となるでしょう。

 

利用実績の無い、もしくは乏しい利用者に対して信用を与えて増額するリスクを背負うことはまずありません。増額を希望するには、定期的に良好な利用が大切となってきます。

 

他社を利用していない

自社以外に他社でも利用を繰り返している状態では増額は難しくなります。
「よほどお金に困っているのだろう」と不信感を持たれてしまう結果となります。

 

個人信用情報のより他社の借入状況は遂次確認されますので誤魔化しもききませんので注意しましょう。

 

利用者情報の変更の届けをきちんと行っている

住所・勤務先などの個人情報に変更があった場合、きちんと届出を行っているでしょうか。もし変更があった場合にはすみやかに届ける必要があります。

 

契約であらかじめ定められていることなのですが、万が一届出を滞っている利用者は信用が無いと判断されることになりますので注意しましょう。