キャッシング会社の特徴

「キャッシングを利用したいけど、どこに申し込もうか?」
このような悩みを抱える方も多いのではないでしょうか。

 

キャッシングを取り扱う金融機関はそれほど星の数ほど存在しています。
どこの会社がどのようなキャッシングを商品化しているのか、正確に把握してから申込を行うようにしましょう。

 

キャッシングを取り扱う会社は主に次の3種類に分けることができます。
まずはその違いを大まかに理解しておきましょう。

 

銀行系キャッシング

普段から利用する機会の多い銀行が提供するキャッシングです。
顧客から預金を預かりそのお金を貸金として運用する銀行では豊富な資金量を武器とすることができます。

 

そのため一般金融機関に比較して「低金利・高限度額」のキャッシングの提供が可能になっています。低い金利でたくさん借りることができますので、利用用途の幅も広がるのではないでしょうか。

 

また銀行キャッシングは「総量規制」の対象外です。
「年収の3分の1」という制限がありませんので、その分高額融資の利用も可能になっています。

 

比較的収入の少ないパートやアルバイトの方でもある程度の借入を期待することもできるでしょう。

 

ただしその分審査基準が厳しくなっていることには注意しなくてはいけません。
顧客の預金を預かっている以上、審査基準を厳しくして少しでもデフォルトになるリスクを避ける意味合いもあります。

 

とくに既に他社で借入を利用されている方は、借入金額に関わらす厳しい審査基準で判断されることになります。

 

消費者金融系キャッシング

よく街中で店舗や無人契約機を見かけることができる消費者金融が提供するキャッシングです。最近ではゴールデンタイムにも有名タレントを起用したCMが放映されるなど、すっかりわたしたちの生活に溶け込んだ感があります。

 

非常に素早い借入が可能で、そのほとんどの先が「即日融資」に対応しています。
審査完了時間は最短で30分程度、早ければ1時間もあれば契約から借入まで完了させることができます。

 

店舗や無人契約機を訪問するだけでなくインターネットを利用して申込を行うことができるなど、多様なサービスが定着しているのも魅力です。

 

審査基準もゆるやかで、銀行に比較しても借りやすくなっています。
他社で借入を利用している方であっても、2〜3社程度であれば柔軟な判断を期待できます。

 

ただし消費者金融は「総量規制」の対象です。
「年収の3分の1」を越える借入は利用できません

 

また審査基準が緩やかな分、金利が若干高めに設定されています。
銀行キャッシングと比較すると全体的に2〜3%高い金利は覚悟しておかなくてはいけません。その分より念密な利用計画が求められるでしょう。

 

信販系キャッシング

普段の生活で利用する機会も多いクレジットカードを発行する会社が提供するキャッシングです。クレジットカードの「ショッピング枠」とは別に「キャッシング枠」を設定することで商品化しています。またキャッシング単独の商品を提供している先もあります。

 

審査基準は比較的緩やかですが、やや時間を必要とすることもあります。
銀行キャッシングに比較するとやや金利が高めですが、利用状況に応じたポイントサービスなど独自のサービス内容が充実している点は魅力でしょう。

 

最近ではIT企業などもキャッシングの分野に参入しています。
競争が激しくなっている分、利用者側に魅力的なサービスが充実しているようになっています。

 

それぞれの会社の特徴をよく比較・検討したうえで自分にあった最適な先を選ぶようにしましょう。