キャッシングと個人信用情報

キャッシングで即日融資を利用しようとしても、審査に合格しなければどうにもなりません。審査で重要視される項目のひとつに「個人信用情報」があります。

 

「個人信用情報」に問題がある場合は、まず審査に合格はできないでしょう。

 

個人信用情報とは?

キャッシングの審査では必ず個人信用情報の確認が行われます。
「個人信用情報」とはキャッシング・カードローン・クレジットカードなどの利用実績などが記録された情報「個人信用情報機関」が取り扱っています。

 

「個人信用情報機関」には次のような先があります。

 

・株式会社シーアイシー(CIC)
主に消費者金融やクレジット会社・信販会社などが加盟しています。
またリース会社・携帯電話会社なども参加しています。

 

・全国技能個人信用情報センター(全銀協)
その名の通り、銀行・信用金庫・信用組合・JAなどが主に加盟しています。

 

・日本信用情報機構(JICC)
信販会社やクレジット会社などが加盟しており、CICと重複する内容もあります。

 

 

これら3社の情報は「CRIN」という共通システムで共有されており、審査の過程で利用者に対する様々な情報の確認に活用されます。

 

審査に不利となる情報とは?

それでは審査において不利となる個人信用情報の内容とはどのようなものなのでしょうか。次のような、いわゆる「キズ」の状態ではまず審査に合格することはできないことを知っておきましょう。

 

概ね5年にさかのぼって支払遅延や代位弁済が登録されている。

「代位弁済」とは返済不能となった債務者に代わって保証会社などが債務の肩代わりを行った状態を指します。

 

ただしあくまで「支払い先が代わっただけ」であり、債務者は代位弁済者(保証会社など)に債務を支払う義務が無くなったわけではありません。

 

会社の判断で返済遅延が登録されている。

返済遅延の情報を登録する基準は会社により異なります。
1回程度の遅延では登録しない先もありますが、登録されると信用力が欠如していると判断されます。

 

約定日から数ヶ月経過した遅延情報が複数回登録されている。

支払遅延の情報が複数回登録される状況です。

 

直近3ヶ月〜1年間にクレジットカードを含むローン申込情報が複数あり集中している。

いわゆる「申込ブラック」の状態で、相当お金に困っていると判断されます。

 

借入額が年収に比較して多い、もしくは件数が過剰にある。

「総量規制」の対象となるキャッシングでは「年収の3分の1」を越える利用はできません。また金額自体が少なくても借入件数が多ければ、それだけ信用力の乏しい利用者と判断されます。

 

中高年のクレジットヒストリーが存在しない。

「クレジットヒストリー」とはこれまでの金融ローンの利用状況のことです。
ある程度年齢がいった方で取引履歴が全く無いという方は、逆になんらかの問題がある方と判断されることもあります。

 

携帯電話料金を3ヶ月以上滞納している。

通信費などの支払いが長期に滞っていると返済能力にも疑問を持たれます。