キャッシングとは?

急にお金が必要になったけど、手元にお金が無い!!
このような場合役立つのが「キャッシング」です。

 

非常に手軽にお金を借りることのできる手段として利用している方も多い「キャッシング」。ただし「キャッシング」という言葉を知っていても正確にどのようなものなのか説明できるでしょうか。

 

キャッシングとは?

「キャッシング」とは小口の個人向け融資のことを指します。
基本的には借入カードを使用してATMやCDでお金を引き出すことで借入を行います。
最近はカードを使用しないで振込により借入を行うことのできるキャッシングも増えています。

 

キャッシングの主な特徴は次の通りです。

 

小口融資であること

キャッシングと呼ばれる融資は比較的小口融資が主流です。
多くの場合は数十万円から数百万円単位の借入金額となります。

 

銀行などでは数千万円単位の「大口キャッシング」を取り扱っている先もあります。
ただし、この場合は「キャッシング」ではなく「カードローン」と呼ばれる商品となっています。

 

「キャッシング」と「カードローン」の違いは後で説明します。

 

個人向けであること

キャッシングは基本的に個人向け消費資金を目的とします。
個人向けですので、法人経営資金は個人事業主の運転資金などには利用できません。
また個人向けでも、競馬やパチンコなどのギャンブルや株式投資などの投機性資金としての利用も禁止されています。

 

無担保・無保証であること

キャッシングは基本的に無担保・無保証で利用できます。
借入申込に際し、担保を提供したり保証人を準備する必要はありません。

 

逆にいえば担保や保証人を当てにした借入はできないということです。
利用にはあくまで利用者本人の返済能力が求められます。

 

何度でも繰り返し利用できる。

キャッシングには借入可能な「借入限度額」が設定されます。
借入限度額の範囲内であればいつでも自由に繰り返し利用することができます。

 

一度借入限度額いっぱいに利用しても、その後の返済により借入限度額に空き枠が生じればその空き枠は基本的に自由にいつでも利用することができます。

 

キャッシングとカードローンの違い

これらの特徴をもつ融資商品としては他に「カードローン」があります。
ではキャッシングとカードローンの違いはどこにあるのでしょうか。
その違いはずばり「返済方法」にあります。

 

キャッシングは基本的に「一括返済」です。
借りたお金は翌月の返済日にそれまでの利息を合わせて一括で返済します。

 

一方カードローンは基本的に「分割返済」です。
借りたお金は毎月の返済日(約定日)にそれまでの利息を計算して分割で返済します。

 

ただしこれらの違いは最近では非常にあいまいになっています。
キャッシングと呼ばれる商品でも分割返済が可能になっています。
逆にカードローンでも一括返済を行うことが可能です。

 

インターネットの比較サイトでも両者を同様の扱いを行っている先もたくさんあります。
どちらも借入限度額の範囲内で何度でも利用できる個人ローンで利用されている方も多い分野です。

 

利用する側としては名称の違いにとらわれることなく、商品自体の内容をしっかり把握して利用するようにしましょう。