キャッシング即日融資に不合格とならないためにはどうすればいいか

「キャッシングの即日融資を利用したい、そのために絶対に審査に合格したい」
このように思っても、キャッシングの審査に合格できるかどうかは、審査を受けてみなければわかりません。

 

しかも審査基準は各社異なっています。
「必ず審査に合格できる方法」は決してありえないものなのです。

 

それでも「できるだけ不合格にならないポイント」は存在しています。

 

即日融資を希望する、どうしても今日中にまとまったお金を借りなければいけない、という方ほど審査のポイントを押さえて失敗のない申込を心がけるようにしましょう。

 

まずは自分の状況をよく把握する

審査に不合格とならないためには、まずはなんといっても自分の状況を正確に把握することが大切です。

 

  • 収入は十分でしょうか。
  • 他社の借入に問題ないでしょうか。
  • 過去の利用状況に不備はありませんか。
  • 収入ー支出から返済できる範囲の借入でしょうか。

 

自分で「借入に問題ない、返済も十分可能」と思うのであれば自信を持って審査に臨むことができるでしょう。

 

逆に「ちょっと問題かな、返済できるだろうか」という疑問を抱えていると、多くの場合不合格という結果を招くものです。無理な申込を行っても審査に合格することはできないでしょう。

 

申込書に嘘を記載しない

キャッシングの申込内容に嘘の記載を行う方が意外とたくさんおられるようです。
どうしても審査に合格したいという気持ちが強いためでしょうか。

 

  • 収入を多く記載する
  • 他社の借入を少なく申告する
  • 勤続年数・過去の金融事故に虚偽の記載を行う

 

このような嘘は審査では致命傷となる危険性が高いものです。
審査を行う側は「金融のプロ」ですので、このような嘘はすぐに見抜く能力を備えています。

 

最近のキャッシング審査はコンピューターによるスコアリングが導入されていますが、このような嘘はコンピューターでも異常な結果として判断されることになります。

 

あなたは嘘をつく方を信用できるでしょうか。
金銭契約はお互いの信用により成り立つものです。
申込内容は正直に申告するようにしましょう。

 

申込を多発しない

こちらも「どうしても借りたい」という気持ちが強いためでしょうか。
続けて複数の先に借入申込を行う利用者も多いようです。
しかしこのような行為も審査では不利に働きます。

 

キャッシングの申込情報は「個人信用情報」に即座に登録されます。
直前にたくさんの申込を行うと、次のような疑念を抱かれる結果になります。

 

  • お金に困っているのではないだろうか。
  • ひょっとして一気に借りて逃げ出してしまうのではないだろうか。

 

このような疑念をもたれるともはや審査には合格できません。
キャッシングの申込を行う場合には、自分にあった先から1社ずつ申込むようにしましょう。